SEO対策の実施

検索エンジン及びSEO対策の基本的な仕組みと、 P C、携帯電話それぞれの対策の理屈が分かっていたとしても、 SEO対策を実施して最終的な成果へと結びつけるというのは、そう簡単にいくものではない。 そこでここでは、 SEO対策を実施するには何をどうすればよいかという具体的な方策について説明する。自身で対策をする場合と、事業者に依頼する場合とに分けます。
多くのSEO対策に関する本や情報を見ると、 SEO対策で重要とされるのは、いかに検索順位の上位に表示するかというのと、それを実現するにはどんなことをするか、とい う2点だといえる。
SEO対策という言葉がそれを示しているのだし、検索結果の順位を上げることが重要なのは紛れもない事実なのだから、正論である。だがSEO対策をする上で、もっと重要なことがある。何のためにSEO対策をするのかということだ。 SEO対策をして検索順がアップし、「あなたのウェブ・サイトがこの順位になりまし た」と言われた。それで満足なのだろうか。無論「何でもいいから順位を上げた い」「誰でもいいからとにかく自分のウェブ・サイトを見て欲しい」というのであればそれでいいのかもしれないが、そんな人は実際にどれだけいるのだろうか? ウエブ・サイトへのアクセスが増えるということは、それだけサーバーの負荷が高くなり、あなたのウェブ・サイトをダウンさせる要因にもなる。あえて極端なことを言うなら、不要なアクセスがただやみくもに増えるというのは、サイバーテロを食らっているに等しい状況ともいえるのだ。 SEO対策において重要なことは、順序を上げることでも、アクセスを増やすことでもない。自身が求める成果を得ることこそが、最も重要なはずである。 ECサイトならターゲットの商品を購入してくれる人のアクセスを集め、それによって商品を購入してくれる人が増える、というのを求めてSEO対策をするはずだ。この場合、運営者にとって商品を購入しない人によるアクセスは無用の長物だし、それによってアクセスが過多になれば、本来商品が欲しい人に商品がいきわたらなくなり、 不満が爆発して顧客満足度を大きく落とすことにもつながってしまうだろう。 このような事態を避けるためにも、 SEO対策を実施する前にまず、 SEO対策の目的と成果をはっきりさせておく必要がある。 SEO対策をウェブ・サイトのプロモーションに用いたいのか、商品販売に結びつけたいのか。短期的な効果を得たいのか、 長期的に継続していきたいのか。 こうした要素によって対策すべき内容も大きく変化してくるので、まずはSEO対策をすることで最終的に何をしたいのかを、はっきりさせておくべきである。そうでないとSEO対策でいくら検索結果の順位を上げたとしても、成果に結びつかずただただ無駄 なお金を支払うことになってしまうだろう。