アンカーテキストのキーワード

検索エンジンはアンカーテキストのキーワードで判断します。
aタグとは 、他のページへリンクを張るときに使用し、ahref= “リンク先ページのURL” ~/aのように記述する。また、 aタグに記述した “~の部分をアンカーテキストと呼ぶが、このアンカーテキストが重要である。なぜなら、 リンクを張ることでリンク元ページ とリンク先ページの両方が評価を得られるからだ。 まず、リンク元ページであるが、リンクを張ることで、検索エンジンはページを移動する(=リンクを張る)必要があるくらい、そこ(=アンカーテキス卜)には重要な内容が記述されているのだと考える。つまり、検索エンジンはアンカーテキストの文字がそのページにとって重要なキーワードであると判断するのだ。そのため、アンカーテキス卜にキーワードを含めた形で記述することでリンク元ページがそのキーワードで評価されるというわけである 。 また、リンク先ページについては、アンカーテキストの文字がリンク 先ページの内容を示していると検索エンジンが判断するため、 リンク先ページは、 アンカーテキストに記述されたキーワードに関連しているとして、そのキー ワードで検索エンジンに評価される。

SEO対策の期間

SEO対策はどれくらいの期間で依頼するか? まず 期間についてだが、なぜこれが重要なのかというと理由は簡単で、事業者に依頼すると、対外的にお金がかかることになるからだ。自身でSEO対策をする場合は、 直接的なコストは発生しないので、 必要な時にSEO対策をすればよく、別段期間を意識する必要はない。だが他社に依頼するとなると、当然ながら期間や成果に応じてそれなりのコストが発生することとなる。 また現在のSEO事業者は、優良な外部リンクを多く保有し、それを用いることに よってランクアップさせるという手法を用いることが一般的となっている。これは、 内部リンクやキーワードといった内部構成の変更は、一度施してしまえばそれほど差 が出ないためである。 それゆえ多くのウエブ・サイト運営者が確保するのは難しい、優良な外部リンクを いかにたくさん増やすかが、 SEO事業者の差別化要因となっているのだ。 SEO事業者の外部リンクは、契約中はもちろん利用できるものの、契約が終了する と基本的には利用できなくなってしまい、解除後は順位を落とすこととなる。ゆえに 短期的ランクアップを目指すのか、長期的に継続してSEOを展開していくのか、期間に対する方針を決めておかないと、無駄にお金を支払い続けることとなってしまう。