<strong>要素、<em>要素(強調タグ)

【強調の種類と使い方を理解する】
HTMLの使う強調は、おもに3種類あります。
<b>タグ、<em>タグ、<strong>タグです。
<b>タグでの強調は視覚的強調といって、見た自だけを太字にして強調するというものです。
<em>タグ、<strong>タグは、論理的強調といって、文章の中で語句の意味自体を強調したい場合に用います。
検索エンジンのク口ーラーは、見た目の強調は理解できないので、<b>タグで視覚的強調したものが通常のテキストなのか、強調されたテキストなのかという区別が付きません。
そういった理由から、検索サイトにも区別ができる論理的強調の<em>タグ、<strong>タグがもてはやされるようになりました。
しかし、 <em>タグは 一般的なブラウザ上では斜体で表示されることが多く、日本語環境では斜体があまり用いられないことから、SEO対策では結果的に<strong>タグが頻繁に用いられるようになったのです。

一時期、SEOの世界では、<strong>タグを過剰に使用するのが流行った時代もありました。
しかし、あまりに<strong>タグが多いために検索サイト側も<strong>タグの評価を下げ、効果も微弱なものになりました。
したがって、むやみに<strong>タグを使うと、逆に評価を下げることになりかねないので、1ページで1回も使わなかったり、多くても、あえて3回ぐらいまでしか使わないなど、控え目な使用に留めたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です