<p>要素(段落タグ)

【<p>段落は改行のためのタグではない】
<p>タグは、「段落」を意味し、「paragragh」のpです。
<p>~</p>がひとつの段落になります。
<p>タグのあとには余白が入りますが、<p>タグは改行するためのタグではありません。
改行するためのタグは、<br>タグなので、混同しないようにしましょう。
まちがった使い方で多いのが、上下の余白を取るための<p></p>の連続や</br>の連続です。
上下の余白はスタイルシートで取るようにしてください。
原稿をHTMLに流し込む際に、もっとも多用するのが<p>タグです。
特に<h>タグの直下に<p>タグが入るときは、文頭にキーワードを入れるようにするとSEO対策のうえでも効果的です。

【とこで区切るのか?】
長文でも、段落ごとに分けることによって、話の展開がわかりやすくなり、見た目にもスッキリします。
改行のように単純に文字数や行数が多くなったので改行するのではなく、段落を区切るときは、文章の意味(文意)を考えて、ひとつの内容でひとつの段落にするのが基本です。
文章の意味を考えずに段落を区切ると内容がわかりにくくなったり、読みにくくなったりするので、注意が必要です。
目安としては、ひとつの段落で2文~4文ぐらいになるように執筆するのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です