イギリスの SEO SEM

イギリスのネット市場

イギリスのネット人口は5,200万人、普及率は84%と非常に高い数字です。オンライン広告市場規模は77億USドル程度で、EU内では最大です。

イギリスの検索連動型広告

f食索エンジンはGoogleが91%と夕、ントツのシェアを誇り、Bing、Yahoo、Askが続きます。よって検索連動型広告はGoogleAdWordsに出稿します。イギリスのSEM業界は非常に競争が激しく、キーワードによってはアメリカよりもクリック単価(CPC)が高くなるものもたくさんあります。

たとえば、「flightto Japan」 「 cheap flights Japan」「flight to Tokyo Japan」などの旅行系のキーワードで調べてみると、アメリカでは平均CPCが222円なのに対して、イギリスでの平均CPCは352円です。このように、同じ英語のキーワードでも、アメリカとイギリスではCPCが大きく違う場合があるので、広告を出稿する場合は、必ず国ごとのキーワード見積もりデータを取得して分析しましょう。

イギリスのSEO対策

検索連動型広告同様、競合が多く非常に難易度が高く、アメリカよりハイレベルな場合もあります。その理由は、イギリスと他国のウェブサイトを比較した場合、イギリスのサイトはとにかくテキストコンテンツの量が多い傾向があるからです。このため、イギリスで上位表示を獲得するためには、リンク対策だけではなく、しっかりしたコンテンツ対策を行う必要があります。

登録しておきたい検索エンジンディレクトリは、以下のとおりです。

イギリスのウエブ文化

当然、ウェブ文化も異なります。イギリスでは比較系のウェプサイト(価格比較サイト)やインフォメーションリッチなサイトの広告出稿が目立ちます。一方、アメリカでは、プランデイングを意識した広告の出稿が多いようです。ウェブサイトの傾向としても、イギリスは先述のとおりテキストコンテンツが多く、アメリカではブランドを意識して画像を多く用いる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です